1. トップページ >
  2. 副業・在宅ワークで稼ぐ為の本 >
  3. 副業・在宅ワーク全般 >
  4. 在宅勤務(テレワーク)が会社を救う 社員が元気に働く企業の新戦略
在宅勤務(テレワーク)が会社を救う 社員が元気に働く企業の新戦略

在宅勤務(テレワーク)が会社を救う 社員が元気に働く企業の新戦略

商品の説明


内容紹介


■安倍晋三氏の推薦メッセージ
『働き方を変えれば企業は成長できる。国民も幸せになれる。
人材確保・コスト削減に悩む企業経営者はもちろん、
ワークライフバランス・ダイバーシティを進めたいすべての人に、必読の一冊です!』

■東京オリンピックまでに、労働者の10人に1人が在宅勤務
アベノミクスの三本目の矢「成長戦略」にも組み込まれた「テレワーク(在宅勤務)」。国は、2020年までに「週1日以上終日在宅勤務する人を全労働者数の10%以上にする」と数値目標をかがけています。

■在宅勤務は「福利厚生」ではなく「企業戦略」
テレワーク(在宅勤務)は、福利厚生ではありません。
女性社員が辞める・休む、介護で管理職が休む・退職する、災害の発生で業務がストップする・・・・・・
会社が抱えるさまざまな悩みを解決してくれる「企業戦略」です。

■「基本」から「失敗事例」「課題」「解決策」まで本書は、在宅勤務を導入するための「バイブル」です。

【目次】

第1章 在宅勤務は「福利厚生」ではなく「企業戦略」

第2章 在宅勤務への素朴な疑問に答えます

第3章 在宅勤務の課題はどう解決すればいいのか?

第4章 在宅勤務制度の正しい導入方法

第5章 本気でやれば在宅勤務でここまでできる!

内容(「BOOK」データベースより)

テレワーク=ICTを活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方、在宅勤務は「福利厚生」ではなく「企業戦略」。


著者について


株式会社テレワークマネジメント/株式会社ワイズスタッフ代表取締役
田澤由利(たざわ・ゆり)

奈良県生まれ、北海道在住。上智大学卒業後、シャープ(株)でパソコンの商品企画を担当していたが、夫の転勤と出産でやむなく退職。3人の娘の子育てと5回の転居の中、パソコンを使って自宅で働き続けた。1998年、夫の転勤先であった北海道北見市で、在宅でもしっかり働ける会社を目指し(株)ワイズスタッフを設立。2008年には、日本初のテレワーク専門のコンサルティング会社として、(株)テレワークマネジメントを設立。企業の在宅勤務導入支援や、国や自治体のテレワーク普及事業等を実施している。

総務省 地域情報化アドバイザー・北海道教育委員会 委員
2006年 内閣府男女共同参画局 女性のチャレンジ賞受賞
日経WOMAN 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」リーダー部門7位受賞

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


田澤/由利
株式会社テレワークマネジメント/株式会社ワイズスタッフ代表取締役。奈良県生まれ。上智大学卒業後、シャープ(株)でパソコンの商品企画を担当していたが、夫の転勤と出産でやむなく退職。3人の娘の子育てと5回の転居の中、パソコンを使って自宅で働き続けた。1998年、夫の転勤先であった北海道北見市で、在宅でもしっかり働ける会社を目指し(株)ワイズスタッフを設立。2008年には、日本初のテレワーク専門のコンサルティング会社として、(株)テレワークマネジメントを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
商品ID 145
価格(税込) 1,620円
商品ページへ

お客様の声

レビューを書きこむ

ItemSearch

recommend

Category

まつ毛が長い男性